よくあるご質問
介護保険のサービスを受けたいのですが、利用方法がわかりません。
お近くの介護事業所やご存知の事業所、もしくは市役所の高齢福祉課・介護保険課(区市町村によって窓口の名称は違います)まで連絡し、ご自身がどのような内容を知りたいのか、まずは聞いてみることをお勧めします。
介護保険を利用して、介護用品や福祉用具をレンタル・購入できますか?
はい、できます。介護保険では、日常生活の自立を助ける福祉用具のレンタルや購入の費用を支給してくれます。支給限度額はレンタルの場合、介護度に応じて定められた支給限度額の範囲内となっています。購入の場合は介護度に関係なく年間10万円までとなっています。また自己負担はレンタル料及び購入費の1割となっています。
※弊社ではレンタルは扱っておりません。
購入ではどのようなものが介護保険の利用対象になっていますか?
介護保険を利用して購入できる福祉用具は次の5種目です。
(1)腰掛便座
(2)特殊尿器(尿が自動的に吸引できるもの)
(3)入浴補助用具(入浴用のいすや手すり、すのこなど)
(4)簡易浴槽(簡単に移動でき、使用しないときは収納できるもの)
(5)移動用リフトの吊り具の部分
車いすや介護ベッドは介護保険で購入することもできるのですか?
車いすや介護ベッドは介護保険ではレンタル対象のため、購入できません。
ケアマネジャーってどんな人ですか?
介護や支援を必要とする人からの相談に乗り、利用者の希望や心身の状態にあったサービスが利用できるように、サービス提供事業者などと連絡調整をする人です。ケアプランを作成します。居宅介護支援事業所にいます。
実際に商品を見に行きたいのですが、そちらに行けば見ることはできますか?
残念ながら私共の事業所では福祉用具の展示は行っておりません。

ページ上部へ▲